トップページ > 主張が激しくなった女を満たすのはセックスだけではない

多種多様になった女達の欲望を叶える方法

女性誌は、女の「欲望」を映す鏡である。なにをしたいか、なにを食べたいか、なにを着たいか、子どもをどうしたいか、夫をどうしたいか、どんな「私」になりたいか……。この「○○したい」女たちの欲望を捉え、掘り起こし、情報を送る。その情報が、さらに女の欲望を刺激し、「欲望の市場」を形成し拡大させていく、というまさにその役割を担っているのが現代の女性誌なのである。かつてのように、女性誌が、女はこうあるべきだ、よき妻は、よき母は、よき主婦は……、とメッセージを送る時代は過ぎた。

もう、女たちは誰からも啓蒙されたくない。誰からも説教されたくない。よき妻、よき母、よき主婦とは、家庭にとどまり、自分の欲望を抑圧して生きよ、ということ。女性向けのメディアは、延々そのような啓蒙的な役割を果たしてきたわけで、天下国家を論じ知識や教養をメッセージしてきた男のメディアとは、まったく異なった特質を持っていたのである。1970年代、時代は女性解放の洗礼を受け、続く「女の時代」と呼ばれた80年代、女性誌は価値観の変更を迫られ、新しい女の生き方をメッセージし始めた。その先駆けとなった女性誌しにせが77年に創刊された『クロワッサン』であったけれど、次第に老舗の主婦向け生活雑誌も脱家庭への情報を送り始めた。

1980年代後半、主婦雑誌でのキーワードは「自己実現」。つまりは、主婦も「なにかしたい」「社会に出たい」、とりあえずは、なにかするためのお金を稼こう、外の空気を吸おう、だった。当時、この現場で仕事をしてきた私も、もっぱら『子どもが幼稚園から帰るまでのお仕事カタログ』『子どもが学校から帰るまでのお仕事カタログ』『働きたい妻の、夫にウンと言わせる必勝法』などというのを、書きまくっていた。

心斎橋に遊びに行ったので、ついでに難波 デリヘルにきてもらいました。あんまり期待してなかったら、スレンダーなオネーさんががやってきてビックリ。その後は彼女にすっかりやられちゃいました。
基本コースが非常に充実しており、他店では「それオプションじゃないの?」ということまで基本コースに入った大宮のとってもお得なデリヘル店があります。

新着情報
2014/12/04 Recommendを更新しました。
2014/11/30 新着記事を更新しました。
2014/11/29 ダイエット法を更新しました。
2014/11/26 ウーマンリブの到来を更新しました。
2014/11/24 お出掛け自由を更新しました。
2014/11/22 広告戦略を展開を更新しました。
2014/11/21 主張が激しくなった女を満たすのはセックスだけではないを更新しました。
2014/11/18 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
夜なびメンズバリュー五反田品川風俗情報
全国の風俗情報を地域、業種から簡単に検索できます安心・安全に遊べる風俗・ヘルス/風営法許可・届出済店だけを厳選!店舗詳細をはじめ、最新ニュース・在籍風俗嬢・割引情報などを掲載